失敗しない宅建通信講座選び

宅建は人気資格であるため、扱っている通信講座もたくさんあります。そのなかで自分にあった講座を選ぶのも大変。そこで、このサイトでは各通信講座の特徴を比較していきます。

通信講座を使って宅建に合格する

通信講座で宅建に合格することは難しいことではありません。
宅建は資格試験としては有名な資格で、なおかつ法律系資格の中では簡単と言われている分野の資格ですので、試験対策講座は各通信講座会社で開講されています。

通信講座での勉強では、送付されてくるテキストや参考書を読み続ける方式であったり、最近ではインターネットを使って予備校で開講して録画したものを見て勉強するもの、資料を全てインターネット経由で行うものなど、その方法は様々です。
しかし、全ての通信講座に共通することは、受講者本人の根気が必要だということです。
つまり、途中で投げ出してやめることのないよう、モチベーションを維持し、勉強し続けることが必要だということです。

これは、独学の場合と同じではありますが、共に切磋琢磨する仲間が居ない分、自らと向かい勉強する根気などが必要となってきます。
ただ、独学と異なるのは、独学の場合には分からない点や質問があっても自分で解決しなければなりませんが、通信講座の場合には郵送や電話、ネットを使って質問が出来るというメリットがあります。
また、通信講座会社のノウハウの詰まったオリジナルの資料や参考書を使用して勉強していくことが多いので、独学で市販の本を読み進めるよりも、分かりやすいというメリットがあります。予備校に通う時間が無いという人にとって、独学の良い部分と予備校の良い部分を足した勉強方法が通信講座の受講であるといえます。