失敗しない宅建通信講座選び

宅建は人気資格であるため、扱っている通信講座もたくさんあります。そのなかで自分にあった講座を選ぶのも大変。そこで、このサイトでは各通信講座の特徴を比較していきます。

独学で宅建に合格できるか

宅建に合格するためには、色々な方法がありますが、一番安価で簡単な方法は独学です。
教科書を本屋で探し、購入し、または図書館等で資料を見ながら勉強するという独学の方法が最も安価な方法であると思われます。

しかし、初学者の独学は危険です。まず、自分の難易度に合ったテキストや教科書、参考書を選ぶことが難しいということ、そして、疑問や質問があった際に尋ねる人が居ないという問題があり、途中で挫折する可能性もあるので、初学者で独学で勉強することは、お勧めできません。
しかし、不動産業界で働いていて、先輩などが宅建資格を持っていて、質問できる環境がある場合などは独学でも問題ない場合があります。

独学での宅建合格を目指す人は、不動産業界で働いている場合や、法学部を卒業して基礎知識を持っている人など、基本や基礎知識が固まっている人や、去年試験に落ちてもう一度宅建合格を目指す人などには、おすすめできる勉強法です。
しかし、勉強方法の向き不向きは必ずあるので、初学者であっても独学が最も勉強しやすいという場合もあります。
しかし、独学で宅建の勉強を行う場合、自らのセルフコントロールが必要となります。つまり、様々な誘惑に負けず教科書を読み勧める根気であったり、途中で投げ出さない気力やヤル気が求められます。
ただ、メリットとしては、自分の空いた時間に好きなだけ勉強できるというメリットはあります。つまり、自分の苦手な範囲を重点的に勉強したり、問題演習をしたり、ということでなく、どこでもできるというメリットは独学で勉強する最大のメリットです。