失敗しない宅建通信講座選び

宅建は人気資格であるため、扱っている通信講座もたくさんあります。そのなかで自分にあった講座を選ぶのも大変。そこで、このサイトでは各通信講座の特徴を比較していきます。

宅建資格取得の勉強法

宅建に合格するためには、ある程度の勉強をしなければなりません。
数日や、数ヶ月で合格できる人は、本当に僅かな人たちで、一般的には半年から1年間コツコツと勉強をする必要があります。

勉強法には、沢山の方法があり、何が一番良い方法かは、一人一人異なります。前提知識をどの程度有しているかによって、勉強方法が異なるのは当然ですし、向き不向きがあるので、万人にとって一番良い勉強方法は存在しません。

例えば、全く勉強をしたことの無い初学者の場合に、過去問をひたすら解いていくという独学の勉強方法は無駄が多く、お勧めできません。
初学者にとっては、問題の書かれている内容を理解するのでも、参考書等を確認しながら理解するということになるので、時間ばかりが経過することになります。初学者にとっては、まずは基礎を理解することが重要です。
そのために、独学として参考書を読むことから始めるのか、予備校に通うのか、通信教育を申し込むのかを選ぶ必要があります。

基礎知識のある人にとって、基本書やテキストを読むことは前提知識を確認するだけとなるので、有用ではありません。ですので、過去問を解いたり、予想問題集を解いたり、予備校の主催する模擬試験を受験してみるということが有用です。
基礎知識がある程度ある人にとっては、問題形式になれるということが重要で、選択式(択一式)問題の問題方法と、出題時独特の言い回しへの慣れが大切になります。

このように、一人一人に合った勉強法がありますので、自分に合った勉強法を探すことが重要になります。