失敗しない宅建通信講座選び

宅建は人気資格であるため、扱っている通信講座もたくさんあります。そのなかで自分にあった講座を選ぶのも大変。そこで、このサイトでは各通信講座の特徴を比較していきます。

宅建の難易度

宅建は難しい資格試験ではありません。法律系資格試験の中では比較的易しい難易度であると言われています。
ただし、難易度として難しくないとはいえ、学校での試験のように一夜漬けや1週間だけ勉強した付け焼刃のような勉強方法で合格できる資格試験ではありません。

一般的に半年から数年、効率よく勉強しても数ヶ月以上の勉強が必要です。一人一人によって、宅建の試験を難しいと思うか、簡単と思うかは異なります。
例えば、大学の法学部やロースクールを卒業した人、他の資格試験で法律の勉強を経験したことがある人にとっては、易しい難易度の試験であると考えるかもしれません。
しかし、初学者にとっては問題文の単語の意味から調べなければ分からないということがあり、難しい試験であると思われるかもしれません。

不動産業界に勤めている人にとっては、宅建資格は必須であり勤める中で必ず会社または上司から宅建の資格取得を勧められます。
不動産業界に勤めて実務を経験している人は、問題の難易度が簡単と思われるだけでなく、試験で5点免除という制度があります。宅建業従事者であり、所定の講習を受験することで宅建の試験時に5点免除されるのです。
だから、不動産業界に勤める人(宅建業従事者)の場合には、実務を行い宅建に合格しやすいというだけでなく、講習の受講によって資格試験としての難易度を下げることが出来るというメリットがあるので、不動産業界に勤める人にとっては、宅建の難易度は、より易しいものとなります。