失敗しない宅建通信講座選び

宅建は人気資格であるため、扱っている通信講座もたくさんあります。そのなかで自分にあった講座を選ぶのも大変。そこで、このサイトでは各通信講座の特徴を比較していきます。

学校に通えば宅建に合格できるか

宅建に合格する方法の一つに学校に通うという方法があります。
いわゆる予備校に通って勉強するという方法ですが、学校に通ったから絶対に宅建に合格できるというわけではありません。
予備校に通っても、独学で勉強をしても通信講座を受講したとしても、大切なのは基本を理解して、問題に慣れ、試験に必要な知識と応用力を身につけることが出来るかが重要となります。

しかしながら、学校に通うという方法は、宅建合格のための有力な方法であることに間違いはありません。
学校に通えば、通って講座を受講している間は勉強時間が確保されますし、授業のための予習復習の為に勉強することで宅建の試験合格のための知識が増えるので、効果的な勉強方法であるとはいえますが、学校に通うことが合格の近道ではないのです。つまり、勉強時間の確保と知識量を得ることが宅建の合格には必須なのです。

宅建に合格できるだけの知識量と、問題への対応力さえ実につけることが出来れば、勉強方法はどれを選んでも良いのです。
あくまでも宅建合格という目的を達成するための手段が勉強方法なので、一人一人にあった手段の中で、自分に合った方法を見つけることが、勉強する上では大切です。

その中で、学校に通うという手段は、毎週、週に数回学校に通学することが必要なので、継続的に勉強するきっかけになります。継続して自分だけで参考書を片手に勉強するスタイルが苦手な人にとっては、丁度良い方法が、学校に通う勉強方法です。